茶浮紙(浮け紙) maru-770

58円(税4円)

購入数
浮張をする際に使用する茶浮紙です。
張替で「元の紙をそのまま」に上から「新しい紙を貼る」際、元の紙の柄が透けないようにする事が出来ます。
また、この「茶浮け紙」を貼ってから「新しいふすま紙」全体に薄く糊をして(紙が二重になる)丈夫なふすまに仕上げたいときに使用します。
*ふすま1枚に対して「茶浮紙 3枚〜4枚」程度必要となります。
ご購入の際は、以下紙サイズを参考にご購入下さい。

【サ イ ズ】W95×H63cm

1.茶浮紙の四方(廻り)に糊をして、ふすまに張ります。
*3枚〜4枚(中央は浮いている状態)
繋ぎ目は1cm程度重ねて張ります。

2.上記、茶浮紙が乾いて伸びてから、新しいふすま紙の裏全面に薄糊(ほぼ水のような糊)を添付して、紙を張ります。

■画面色表示についてのご注意■
お客様のモニター環境により、画面上ご覧になっている色や素材感と、実際の商品が異なる場合がございます。あらかじめご了承ください。